公務員試験の勉強の過程で取得しやすい資格をご紹介

>

公務員のメリットとデメリット

簿記三級と二級はどんな資格?

公務員試験の寄り道資格として最も適していると言うことのできる資格はやはり簿記検定ではないでしょうか?
公務員に限らず、持っていると一般企業の就職や転職にも有利になることが多いので、取得して置いて損のない資格となります。

簿記は取得した級によってできることが違いますので、まずは三級と二級を見ていきましょう。

三級は商業簿記です。
商売の原点とも言える、商品の仕入れ、販売、運搬など商売にかかる費用の出し入れの記録を一定のルールに基づいて帳簿に記していきます。

二級は三級よりも少し高度で広範囲の商業簿記と、工業簿記となります。
工業簿記とは会社内で商品を製造してそれを販売するというような一連の流れの費用を計算して記録します。
会社自体が大きくなれば簿記の範囲も広がってきますので、大変実用的な資格なのです。

簿記一級を取得するとできること

簿記一級ともなると、できることが広範囲になり、企業などでは経理、財務、営業、コスト管理などの即戦力として働くことができます。
合格率は10%程度と大変低く、取得するのが難しい資格の一つです。

簿記一級は、簿記二級で学んだことに加え、大規模な企業の支店や子会社や海外支店などの連結決算業務をすることができるようになり、そのための会計学や原価計算を学びます。
経営分析やコンサルティングにも大きく関わることもできるような知識が必要となるため、取得するのは簡単ではないですが、就職や転職にはとても有利となります。

また、一級に合格できれば税理士の受験資格が与えられますので、税理士への通過点として取得する方もいるようです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る