公務員試験の勉強の過程で取得しやすい資格をご紹介

>

法律の勉強を生かす

行政書士とはどんな資格?

行政書士は国家資格で、役所に提出する書類を代行して作成するお仕事を主としています。
特に、専門知識が必要な車庫証明や風俗業・建設業の営業許可の申請書類などの代行依頼が多いようです。

他にも行政書士が作成することができる書類は10000種類以上あると言われていて、行政書士が活躍できる場は年々増えています。

資格を取得するための試験は決して難易度は低くはありませんが、公務員試験を受けるのであれば、法律関係の勉強もすると思いますので、行政書士試験の勉強と重なる勉強も多いため、挑戦してみても損はないと思います。

行政書士の資格取得のための勉強をしておけば、法律関係の勉強時間は他の科目に充てることもできますので、一石二鳥となります。

難しい!社会労務士

先ほどお話しした行政書士の資格を更に追求するのであれば、社会労務士などはいかがでしょうか?
法律に関する知識を行政書士よりも更に深く勉強することができ、業務範囲も広がりますので、取得しておけば職業の選択肢も広がります。

仕事内容は、社会保険に関する手続きや書類作成の代行、就業規則や賃金台帳の作成、企業の労務管理に関するコンサルタントなどさまざまです。

もとろん、社会労務士の資格を持っていれば、公務員試験の時に必要な法律関係の知識は十分ですので、無駄を省くこともできます。
ただし、資格試験の難易度は高く、合格率は例年10%を超えないことがほとんどです。
試験範囲も広く、試験科目が10種類もありますので、あまり社会労務士の資格取得のために躍起になってしまうと公務員試験の法律関係以外の勉強が疎かになってしまうこともありますので、注意してください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る